もしも頭痛が出てしまったら・・・

2017年06月21日

皆さんこんにちは(*’▽’)

埼玉県富士見市で産後骨盤矯正、座骨神経痛、頭痛、交通事故といえば

富士見・鶴瀬たいよう整骨院の園部です。

 

今日は頭痛の対処法について(^^♪

みなさん、もし頭痛が出てしまった場合はどのように対処されていますか?

頭痛 女性

ほとんどの場合、治まるまで放置か頭痛薬を飲まれるのではないでしょうか。

症状の特徴によって、

より良いケアの方法がありますのでご紹介します( *´艸`)

 

1.筋緊張性頭痛

<症状>

頭の後ろがジーンとして、頭が締め付けられるような感じがある。

ヘルメットをかぶったように重苦しい感じがある。など。

 

<原因>

肩周りの筋肉が何かしらの原因で、緊張してしまっている場合におきます。

 

<対処>

この場合は、肩回りの血行を良くしてあげると効果的♪

例えば、

温めたタオルを後頭部・首・肩や背中に当てて温める

シャワーを少しの間当て続ける

など

温める方法はなんでも大丈夫です(^^)/

圧迫されていた神経も和らぎ、血行が促され頭痛が和らぎます。

 

2.片頭痛

<症状>

ズキンズキンやドクンドクンと脈を打つような頭痛がある

 

<原因>

その部分の血流がよくなり血管が膨らんで、周りの神経を刺激していることで頭痛が起きています。

 

<対処>

この場合は、

頭痛が起きているその部分を冷やす。

氷嚢などを使ってもいいかもしれません。

その場合には、当てすぎには注意してくださいね(^^)/

 

くれぐれも、これは一時的な対処法なので、

しっかり治したい方や、

長年の頭痛に悩まされている方は

治療も検討してみてくださいね(^_-)-☆

 

そのほかの頭痛についてもHPにも載せているので

ぜひ気になる方は見ていってくださいね(^^♪

 

From埼玉県富士見市鶴瀬東 富士見・鶴瀬たいよう整骨院