頭痛は今や国民的な病!?

2016年06月15日

埼玉県富士見市で産後骨盤矯正、座骨神経痛、頭痛、交通事故といえば

富士見・鶴瀬たいよう整骨院の園部です。

 

 

今回は国民的な病の一つ

 

頭痛」

頭痛 男性

頭痛になってしまう原因についてお話をしていきたいと思います。

 

 

このブログを見られているということは少なからず一度は頭痛に悩まされた経験があるか、慢性的な頭痛で悩まされ続けている方なのではないでしょうか?

 

 

日本国民の4人に1人、約3900万人もの人々が悩まされていると言われているこの頭痛・・・実は今に始まったことではないんです (; ・`д・´)ナニー

 

例えば歴史上の人物の中にも

日本人でいえば、福沢諭吉や森鴎外、織田信長やさらにさかのぼってなんと卑弥呼まで

外国人でいえば、アインシュタインやゴッホ、ベートーベンやアンネ・フランクなどなど

 

 

ありとあらゆる方々が頭痛で悩まされていたといわれています。

当時は現在のように良く効く薬や治療法などはなかったでしょうから、その辛さときたら想像を絶します・・・(;・∀・)ヒヤリ

 

 

頭痛が起きる原因としていくつか挙げていきましょう。

・肩こりなど姿勢が悪いことで起こる頭痛

・ストレスなどによる精神的なものから起こる頭痛

・顎関節症や噛み合わせなどアゴからくる頭痛

・生理などホルモンバランスの変化からくる頭痛

・蓄膿症などが原因で起こってしまう頭痛  など

 

そういった中でも特に多いとされているのが、一つ目の

姿勢の悪さから起こる頭痛

です。

姿勢が悪いことで肩や頭の周りの筋肉が緊張してしまい血行が悪くなり、頭痛が起きてしまっています。

先ほど例を挙げた中でも、

姿勢を良くすればいいだけなら

自分自身でも改善していけそう!

そう思えた項目なのではないでしょうか(^^♪

 

 

肩こりのブログにもチェック項目があるので、確認してみてくださいね(^_-)-☆

 

【From埼玉県富士見市鶴瀬東 富士見・鶴瀬たいよう整骨院】